高級感ハンパない「刷毛じょうゆ海苔弁山登り」【だしとうま味の料理教室|名古屋】

刷毛じょうゆ 海苔弁山登り

『やさしいおだし~作るのやさしい、身体にやさしい』名古屋のだしとうま味の料理教室ねこまんまです。

 

最近、「のり弁」がじわじわブームになっている…らしいです。数年前の雑誌をパラパラめくっていたら、美味しそうなのり弁のページに折り目が付けてありました。「あっ、そうだ。こののり弁食べたいと思っていたんだ~」と思い出し、そこからは行動が早い! 仕事で東京に行っている家族に買ってきてもらいましたよ。

【もう安いお弁当の代名詞ではない】刷毛じょうゆ海苔弁山登り「海」1,080円

 

刷毛じょうゆ海苔弁山登り

高級感のあるパッケージにしばし驚く

ワクワクしながら買ってきてもらった袋から取り出すと、そこには黒い包装紙に包まれた重厚感のあるのり弁。高級のり弁とは知っていましたが、見た目からして存在感が凄いです。

刷毛じょうゆ 海苔弁山登り

すべてのおかずが海苔のために…結論、また食べたいです

人気の「海」は鮭が、「山」は鶏の照焼がメインです。私は看板商品の「海」をチョイス。脂と塩加減がなんとも言えず絶妙な鮭、はみ出す大きさのちくわの磯辺揚げ。これだけでごはんが足らないかと心配になるボリュームです。

そこに、有明海で収穫されたその年の一番摘みの海苔を使用しているというこだわりの海苔。丁寧に刷毛で塗られた醤油が染み込んだごはん…。幸せがここにありました🐾

さりげない付け合せに見える、卵焼きや明太しらたき和えなども、どれも計算された味と量。食べている最中から、また食べたい気持ちが湧いてきます。

海苔に興味が湧いてきたー!

最近、海苔が不漁であまり取れなくなったり、値段が高騰したりと、海苔を取り巻く状況はあんまり良くないみたいです。そういえば子供の頃は、食卓にいつも海苔ってあったな~と思い出しました。私は三重県出身なので、味付け海苔をよく食べていましたよ。

改めてじっくり味わってみると、磯の香りや食感、うま味が詰まった、とても優れた食材だなと実感しました。なんでも海苔は、かつお節の「イノシン酸」、昆布の「グルタミン酸」、干ししいたけの「グアニル酸」のうま味成分がすべて入っているトリプルうま味食材なのだとか。

これは、「だしとうま味の料理教室」として海苔の美味しさを伝えるレシピも紹介していかなくてはなりません! どんな料理が良いかな~と、カラののり弁を見ながら考えたいと思います🐾

刷毛じょうゆ海苔弁山登りのホームページはこちら

やさしいおだし~作るのやさしい、身体にやさしい料理教室

 

ねこまんまロゴ