やさしいおだし〜作るのやさしい、身体にやさしい

ぷちぷち!とうもろこしご飯のコツ【だしとうま味の料理教室|名古屋】

とうもろこしご飯

だしを知るとおいしい

 

〜作るのやさしい、身体にやさしい〜 天然だしや素材のうま味を活かした料理が学べる、だしとうま味の料理教室 ねこまんまです。

炊き込まない⁉ とうもろこしご飯とは

旬のとうもろこしをもっと美味しく食べよう! 今回は「とうもろこしご飯」を紹介します。とうもろこしとご飯を一緒に炊き込むと、せっかくの新鮮な”ぷちぷち感”がシワシワっとなってしまい残念。ちょっとひと手間かけ、ぷちぷち感が楽しめるように作りますよ。

ぷちぷちっ! とうもろこしご飯の作り方

材料(3〜4人分)

とうもろこしご飯

  • とうもろこし・・・・・・・・1本
  • 米(洗って浸水させておく)・2合
  • とうもろこしの茹で汁・・・・360ml
  • 酒・・・・・・・・・・・・・50ml(1/4カップ)
  • 塩(塩水用)・・・・・・・・大さじ1
  • 塩(ご飯用)・・・・・・・・小さじ1
  • 昆布・・・・・・・・・・・・5cm✕5cm

作り方

とうもろこしご飯

とうもろこしは皮がついたまま先端を落とし、3等分に切ります(⚠固いので気をつけて下さい。途中まで包丁を入れ、後は手で割ってもOK)。

とうもろこしご飯

鍋にとうもろこしがかぶる位水を入れたら昆布と酒も入れ、中火で20分位ゆでます。

ここがポイント! とうもろこしの芯と昆布から美味しいだしを取ります。昆布からヌメリがでないよう、グツグツさせずに中火にしましょう。

とうもろこしご飯

昆布は取り出し、ゆで汁と実に分けます。ゆで汁は冷蔵庫で冷まします。実は水2カップと塩大さじ1を溶かしたボウルに入れ人肌まで冷まします。

ここがポイント! 実を一緒に炊き込まずに、別で、塩水でプリッとさせます。そうすることで皮にシワがよらず、ぷちぷちのままをキープします。

とうもろこしご飯

洗ってから浸水させた米の水気をしっかり切って、冷ましたとうもろこしのゆで汁と塩小さじ1を入れて、軽く混ぜ、普通に炊飯します(ゆで汁が足らない場合は水を足します)。

⚠ご飯と炊くときに塩を入れず、食べるときにお好みで塩を振ってもOKです。

とうもろこしご飯

炊きあがるまでの間に、とうもろこしの粒を外して、ほぐしておきます(実と芯の間にうま味と栄養があるので、根元部分から切り落とします)。

とうもろこしご飯

ご飯が炊きあがったら、とうもろこしの実を混ぜて、少し蒸らしたらできあがり! とうもろこしの芯と昆布から出た、だしとうま味、そしてぷちぷちの食感が最高ですよ🐾 夏を感じるとうもろこしご飯、ぜひお試し下さい。

7・8月のレッスンも、夏にピッタリな「エスニック&カレー」が登場しますよ〜

最後までお読みいただきありがとうございました! ではまた〜🐾

LINEで料理教室の開催日をご案内します!

次の料理教室の開催日やレッスン内容を、月に1回、LINEでご案内をお送りいたします。QRコードをスマホ等で読み込んでいただけると、友だちに追加されます🐾

友だち追加

ねこまんまQRコード

ご登録、よろしくお願いいたします!

SNSのご案内

料理教室のご案内や、日常のごはん、おすすめキッチングッズなどを紹介しています。フォローお待ちしております。

ねこまんまロゴ