【レシピ】バカみいになんにでも使える!?和風万能タレ・その名も「ばかったれ」

ばかったれ

名古屋のだしとうま味の料理教室‥ねこまんまです。

ねこまんまの一押しレシピ! です。今回ご紹介するのは、いろいろな料理に使える「和風万能タレ」です。これがあれば、調味料をその都度合わせなくても、すぐに料理ができて味が決まります。

この「和風万能タレ」、バカみたいになんにでも使えることから「ばかったれ」と名付けました。長期保存もできるので、ぜひ作ってみてくださいね。「ばかったれ」を使ったレシピもご紹介していきます🐾

◆バカみたいになんにでも使える便利タレ「ばかったれ」

材料(作りやすい分量)

  • 醤油・・・450ml
  • 砂糖・・・250g
  • 酒・・・・90ml
  • みりん・・90ml
  • 鷹の爪・・1本
  • にんにく・少々(すりおろし)
  • 生姜・・・少々(すりおろし)

作り方

  1. すべての材料を合わせ、火にかけ、沸騰したらすぐに火から下ろす。
  2. 冷めたらビンやペットボトル等に入れる。

ポイント

  • 常温保存で約6ヶ月保存できます。
  • 沸騰するとふきこぼれるので注意。煮立ててはいけません。

ばかったれを使ったバカ旨レシピ!

  • ごはん、マグロ、お好みでトロロ、大葉、ネギ、ゴマ等を適量用意する。

  • ばかったれ:醤油=2:1の割合で合わせ、わさびを入とマグロを入れ30分程度つける。
  • 器にごはんを盛り、つけダレを少々かける。マグロ、トトロをかけ、再びタレをかける。大葉、ゴマ等を振りわさびを添える。

 

  • 野菜や肉などを適量用意して食べやすい大きさに切る。
  • 野菜は、ヒタヒタの水を入れ、落しフタをしてフタをかぶせ火にかける、沸騰したら肉類を沸騰を保ちながら入れる。
  • ばかったれを少なめに入れ、煮ていく(最初は薄味にする)。
  • 具材に火が通ったら、最終的にばかったれで味を調整し、ひと煮立ちさせて仕上げる。
  • 甘めに仕上げたい場合は、最後にみりんを少々回し入れ、ひと煮立ちさせる。
  • 肉じゃがや鶏ごぼう、里芋煮など、甘辛い煮物が簡単にできます。

  • 野菜(適量)はさっと茹で(塩茹で)しっかり水気を切る。
  • ばかったれを練りごま、砂糖(すべて適量)を混ぜておく(味をみて調整する)。
  • 野菜とタレを和え、上からすりごまをかける。お好みで辛子を添える。
  • 野菜は、小松菜、いんげん、オクラ、ほうれん草、ワカメなどなど…

  • 魚の切り身・4切⇒切り身(またはアラなど)は軽く両面に塩をして15分位おいておく。
  • 水でさっと洗い、水気を拭く。
  • 水・1カップ、ばかったれ・大さじ2、砂糖・小さじ1を鍋に入れ、沸騰したら魚の切り身を入れ、落し蓋をして中火で10分位煮る。
  • 煮上がる前に水分がなくなってきたら、お湯を足しましょう!

 

「ばかったれ」は、この他にも、野菜を炒めてばかったれを入れて、卵を割り入れ卵とじにしたり、きんぴらごぼうの味付けにと、いろいろな料理に使る、和風の万能タレ。書ききれずすべてご紹介できない! 料理教室では、もっと便利な使いかたをお伝えしていますよ。

 

【5/27】だしとうま味の料理教室、開催しました!

 

だしとうま味の料理教室‥ねこまんま‥では、定番のだし素材だけでなく、野菜やお肉、お魚などいろいろな素材からだしを取ったレシピをお伝えしています。「だしって簡単!だしって美味しい!」がテーマのねこまんま料理教室で、食べてキレイになりましょう!

お家の料理では体験できない、だしの奥深さを一緒に味わいませんか?料理教室のご案内はホームページや下記のSNSでもお知らせいたします🐾フォローお待ちしております🐾

 

ねこまんま

お役立ち情報を毎日更新!ウェブサイトCUCURU(ククル)で「だし&うま味レシピ」連載中です🐾

 

だしとうま味の料理教室‥ねこまんま‥