和風万能タレで作る照り焼きチキン【だしとうま味の料理教室|名古屋】

名古屋のだしとうま味の料理教室ねこまんまです。

こんな料理教室です

自己紹介

最新レッスンのご案内

過去のレッスン

お問い合わせ・お申込み

ねこまんま一押し「バカみたいに何にでも使えるタレ”ばかったれ”」を使ったレシピをご紹介します。お家に1本あればいろいろな料理に使える便利な和風万能タレの「ばかったれ」(ばかったれのレシピはこちらをクリック!)

そのまま使うと甘辛い煮物の肉じゃがやきんぴらごぼうの味付けに。醤油で割って、肉や野菜の漬け込みタレなど。すき焼きのタレのにんにく風味をイメージしてもらうとわかりやすいかな?

今回は、鶏肉と「ばかったれ」を使って簡単にできる「照り焼きチキン」です。しっかり味が染みているので、お弁当にもオススメですよ。

ばかったれを使った照り焼きチキン

材料(1枚分)

 

ねこまんま

照り焼きのたれに使うときは、ばかったれ:砂糖=2:1と覚えましょう!

 

作り方

  1. 鶏もも肉は脂を取り除き、分厚い部分は切り目を入れておく。
  2. 鶏もも肉は皮面からフライパンで焼き、両面焼けたら余分な脂をふく取り、ばかったれと砂糖を加えからめる。(中まで火が通っていない場合は、水を少々加え、煮るようにしてからめていく)

 

ツヤツヤ照り照りチキンのできあがり🐾

 

ポイント

  • 鶏の皮はパリッと焼きましょう。
  • 丼にする場合は、タレを2~3倍多めにして作ります。
  • ビニール袋に鶏肉を入れ、サラダ油、酒。重曹を少々入れて漬けると、日持ちがして、鶏の臭みが抜け、肉質が柔らかくなります。使うときは、洗わずにそのまま使います。

「ばかったれ」を使えば、いろいろな調味料を合わせなくても、簡単に味が決まりますよ。美味しく時短しながら、頑張りすぎないお家ごはんを楽しみましょう🐾

だしとうま味の料理教室ねこまんまのご案内

こんな料理教室です🐾保存できるタレや常備菜も

だしとうま味の料理教室ねこまんま

お問い合わせ・お申込み