明日のごはんが美味しくなるウェブマガジン

タコライスの素で春巻き!? 野菜がタップリ食べれるよ【ネクストフーディスト】

日本最大級のお料理ブログポータル「レシピブログ」「ネクストフーディスト」に就任いたしました。2018年の1年間「料理ブログを通じてたくさんの食卓に美味しい料理やその楽しさを発信」していきます。

就任記念に、企業さまからいただいた新商品を使ったレシピを紹介していきます。「頑張りすぎないお家ごはん」の参考にして下さいね。

◆作りおき&時短料理の味方!正田の「ラクめし」シリーズ

今回ご紹介するのは正田醤油のラクめしシリーズ「タコライスの素」。正田醤油は、家庭用から業務用までお醤油をメインに、麺つゆや味噌などを販売している会社です。

世界的に有名な「タバスコ」とコラボした商品を作っていることを発見!なんと醤油とタバスコを合わせた「スパイシーしょうゆ」という調味料があります。醤油が持つアミノ酸のうま味とタバスコの爽やかな酸味と辛味の融合…これは美味しそうですね。ぜひ買ってみたいと思います。

さて、ラクめしシリーズ「タコライスの素」ですが、こちらはまとめ買いしたお肉に下味を付けてストックしておくための調味液です。多めに買ったお肉に下味を付けておけば、後は炒めるだけ、そのまま焼くだけと毎日の料理をラクしてくれる救世主ですね。

タコライスのベースってなかなか手作りしないですよね。たまには違う味が食べたい。脱マンネリにピッタリではないでしょうか。

◆お肉を使わなくても美味しくできる「なすチーズ春巻き」

わたしは普段、作りおきやまとめ買いはほとんどしません。面倒くさがり&マメじゃない&気分で食べたいものが変わる…などなど、作りおきに向いていない性格。平日ラクしたいからまとめて作っちゃえ!ができる人はとても計画性がありマメなしっかり者だと思うんです。尊敬。

話がそれましたが「タコライスの素」で今回は「春巻き」を作ります。こちらの調味液はトマトベースでしっかりした味なので、これひとつで味付けはOKです。本来はひき肉に下味を付けてストックしておき、後は焼くだけという使い方ですが、お肉を使わずに野菜だけでボリュームメニューにしちゃいます。

野菜が苦手な方でもソースの美味しさで食べやすくなっていますよ。

材料(春巻き約10本分)

  • なす・・・・・・・・・・2本
  • えのき茸・・・・・・・・1袋
  • ピザ用チーズ・・・・・・30g
  • 春巻きの皮・・・・・・・10枚
  • 正田「タコライスの素」・1袋
  • 水溶き片栗粉・・・・・・片栗粉・小さじ1+水・大さじ1
  • サラダ油・・・・・・・・適量

ナスとえのきを炒めて「タコライスの素」で和えたら冷凍ストックしておくと便利ですね。チャック式になっているから便利!日付も書き込めるようになっています。

作り方

  1. なすは縦半分に切り、5mm幅の斜め切りにする。えのき茸は石づきを切り落とし、半分に切る。
  2. フライパンに油を入れ中火で①を炒める。なすがしんなりするまで炒める。
  3. ②をタコライスの素を入れ全体に混ぜる。混ざったら水溶き片栗粉を入れトロミを付け、ボウルに移し粗熱を取る。
  4. 粗熱が取れたら③にピザ用チーズを混ぜる。
  5. 具を10等分に分けて春巻の皮で包み、最初は低温の揚げ油に入れ、すこしずつ温度を上げて、カリッとなるまで揚げる。

ポイント

  • 好みで付け合せに辛子やマスタード、レモンを添えます。

(油の温度が高くなってしまって揚がりすぎてしまった…良い子はマネしないでね)

タコライスにチーズはとても相性が良いので、合わせてみました。お肉が入っていなくてもしっかり満足できる味付けになっていますよ。お子様はもちろん、おつまみやお弁当にもオススメです。

共働きの方はもちろん、平日は疲れて自炊ができない一人暮らしの方にも便利な商品ですね。今は時短しつつ手抜きではない料理が求められているのだな、と思いました。

この「ラクめしシリーズ」はこの他にも「プルコギの素」「豚丼の素」「キーマカレーの素」もありますよ。良かったらチェックしてみて下さいね。

5月27日(日)だしと言ったらねこまんま料理教室!
詳細はこちら⇒だしとうま味の料理教室を開催! in岩倉

情報ウェブサイトCUCURU(ククル)で「だし&うま味レシピ」連載中!

 

だしとうま味の料理教室‥ねこまんま‥