【レシピ】トマトと豚肉のつけ麺冷やし中華

名古屋のだしとうま味の料理教室‥ねこまんまです。

暑い、蒸し暑い。そろそろ梅雨入りですね。雨が続いたり湿気があったりと、あまり人気のないシーズンですが、個人的には誕生月なので思い入れがあります。

せめて、さっぱりするものを食べて気分転換しませんか。今回はワンパターンになりがちな「冷やし中華」のアレンジレシピです。トマトの酸味と味噌のコクでさっぱりだけどパンチのある「冷やし中華」ですよ。

材料(2人分)

  • 中華麺・・・・・2玉
  • ごま油・・・・・少々
  • トマト・・・・・小1個
  • 豚バラ肉・・・・50g
  • 生姜・・・・・・少々(すりおろし・チューブでも可)
  • 豆乳・・・・・・1カップ
  • すりごま・・・・大さじ1
  • (A)
  • かつおだし・・・50cc(または水)
  • 味噌・・・・・・小さじ2
  • 豆板醤・・・・・小さじ1/2
  • 砂糖・・・・・・小さじ1と1/2
  • 醤油・・・・・・大さじ2

作り方

  1. トマトは湯剥きし、7~8mm書くに切る(種はそのまま使用する)。豚肉に軽く塩コショウを振っておく。
  2. 小鍋にサラダ油を少々入れ、トマトと生姜、豚肉を軽く炒める。Aを加えて、沸騰したら弱火にして水分が少なくなるまで5分程度煮る。
  3. 火から下ろし、豆乳とすりごまを加え冷やす。
  4. 中華麺はたっぷりの湯で湯がき、冷水でしっかりと洗い、ザルに押し付けて水気を切り、軽くごま油をまぶしておく。
  5. 麺を皿に盛りつけ、器にタレを注ぎ、好みでラー油や一味を添える。

ポイント

  • 豚バラ肉を入れない場合は、サラダ油を敷かずにトマトと生姜を炒めます。
  • 豆乳を入れる前に、ネギやニラを入れても良いですよ。
  • 麺は、ひやむぎやそうめんでも美味しいです。

 

トマトのうま味がで味わう変わり「冷やし中華」。冷やすのはもちろん、熱々で食べても美味しいですよ。チーズや温泉卵など、トッピングもいろいろ楽しめます。豆乳もタップリ摂れるので、美容にも最適。この夏は「食べてキレイに」なれるレシピで乗り切りましょう!

地元・三重県四日市市で作られている九鬼産業のごま油。コクがあって、香り高い最高級のごま油です。生でかけて味わうごま油は、オリーブオイルの用にサラダなど料理の仕上げにかけると、ぐんと美味しくなります。お刺身にもおすすめです。

情報ウェブサイトCUCURU(ククル)で「だし&うま味レシピ」連載中!

 

だしとうま味の料理教室‥ねこまんま‥