揚げ物食べたい、けど面倒くさい時は【だしとうま味料理教室|名古屋】

たまごのフライ

『やさしいおだし~作るのやさしい、身体にやさしい』名古屋のだしとうま味の料理教室ねこまんまです。

 

一人でお家で食べるお昼ご飯。面倒くさい、メニュー偏りがち、昨日の残り物がち、麺類多めがち…そんなことありませんか?

トンカツとか、エビフライとか揚げ物が食べたい欲求があっても、一人分の揚げ物ってないわ。小麦粉と卵とパン粉と…って考えただけでもないわ、とブツブツ言いながらファミチキを買いに行こうかなと思っても着替えるのも面倒だわ。

そんな気分の時(?)お家に卵とパン粉があれば、あっという間に大満足の揚げ物ができるとしたら、作りたくなりませんか? 今回は、そんなあなた(私)のためのレシピです!

ジャンク!?卵のフライ

たまごのフライ

材料(一人分)

  • 卵・・・・・・・1個
  • パン粉・・・・・適量
  • 塩こしょう・・・適量
  • 揚げ油・・・・・適量

作り方

たまごのフライ作り方

  • ①容器(浅めがオススメ)にパン粉を入れて、広げ、その上に卵を割り入れます

  • ②卵の上に塩こしょうを振ったら、さらにパン粉で全体を覆います(5分位置いておくと卵とパン粉が馴染みます)

たまごフライの作り方

  • ③小さめのフライパンに揚げ油を入れ、170℃位になったら②を入れます。端っこに入れると裏返しやすいです。

たまごのフライ作り方

  • ④裏側のパン粉が固まったら裏返します。固まるまで触らないのがコツ。反対側もパン粉に火が通ったらできあがり。この状態は、卵の黄身が半熟なので、お弁当に入れる場合は、しっかり火を通します。

まとめ

  • パン粉の上に卵と塩こしょう、更にパン粉をかぶせる
  • 油で揚げたらできあがり!

できあがったら、ごはんに乗せて、ソースや醤油などお好みの調味料でどうぞ。私は醤油派。フライは何でも醤油が好きです。付け合せにハムやソーセージ、ごはんの上に千切りキャベツでバランスのいい丼になりますよ。

お弁当のおかずにもよく使います。簡単に揚げ物が食べたい! そんな欲望が止まらない日にぜひ!

やさしいおだし~作るのやさしい、身体にやさしい料理教室

 

ねこまんまロゴ